【育て方】サンセベリアの増やし方とは? 株分け・葉挿し・植え替えについて解説

肉厚の葉を、スーッとのばすサンセベリア。スタイリッシュな観葉植物として人気があります。複数の部屋に飾る人も多いようですが、実はサンセベリアは、自分で増やすことができるのです。決して難しくはありません。ぜひ、挑戦してみませんか? 増やした株をプレゼントにしてもステキです。この記事では、サンセベリアの増やし方について解説します。

 

目次 

  • 株分けでのサンセベリアの増やし方
  • 株分けの手順
  • 株分けの注意点
  • 葉挿しでのサンセベリアの増やし方
  • 葉挿しの手順
  • 葉挿しの注意点
  • サンセベリアの植え替え
  • 植え替えの手順
  • 植え替えの注意点
  • まとめ
  •  

    株分けでのサンセベリアの増やし方

    サンセベリアを増やす方法のひとつに「株分け」があります。これは、サンセベリアが「地下茎で株を増やす」という性質を利用した方法です。

    地下茎は「ちかけい」と読み、土の中の茎のこと。サンセベリアは地下茎をのばしながら育ち、春先になると、のびた地下茎から新しい株が土の上に顔を出します。これを「子株」といい、株分けは、親株から子株を分けて増やす方法です。元気な親株から子株が出てきたら、ぜひ株分けしてみましょう。

     

    株分けの手順

    株分けに適した時期は、5月から9月ごろ。

    根に付いた土は優しく落としましょう。PlantHunt(プラントハント)

     

    株分けの数日前からサンセベリアへの水やりを控え、鉢の土を乾燥させておきます。用意するものは、水はけのよい園芸用の土、植え替え用の新しい鉢、鉢底石、株を切り離すためのハサミやナイフ。室内で作業をする場合は、ビニールシートや古い新聞紙を用意してください。

    具体的な手順は、次の通りです。

    1. 鉢からサンセベリアを取り出す。
    2. 根をほぐしながら、株を分ける。地下茎でつながっている子株は、ハサミやナイフで切り分ける。
    3. 子株の切り口を、日の当たらないところで半日から1日程度、乾燥させる。
    4. 新しい鉢に鉢底石を敷き、新しく植えるサンセベリアの大きさに合わせて土を入れる。だいたい、1/21/3くらいが目安。
    5. 株分けしたサンセベリアを、ぐらつきのないよう少し深めに植えつける。
    6. 土が湿る程度に水をやり、その後は乾燥気味に管理する。

     

    株分けの注意点

    株自体が弱っていると、株分けしても元気に育たない可能性があります。また、冬の時期、サンセベリアは休眠しているため、株分けしてもうまく根が張れません。株分けは、時期に気をつけて行ってください。

    冬に株分けや植え替えをすると植物の状態が不安定になりがち。次の春が来るまで待つのが吉です。冬の間はなるべく日の当たる温かい場所に置いて、静かに見守りましょう。

    日照不足に陥りやすい冬や、日当たりの悪い室内で大活躍。

     

    葉挿しでのサンセベリアの増やし方 

    サンセベリアは、葉っぱから増やすこともできる植物です。その方法が「葉挿し」で、「挿し木」ともいいます。

    サンセベリアの株全体が弱っているときは、元気のいい葉を葉挿しで増やしてみましょう。株を取り出さずに作業ができるので、その点はとても手軽な方法です。

    葉挿しで仕立てたタケノコのような形状が見事な逸品。

    葉挿しの手順

    適期は5月から9月ごろですが、真夏は避けたほうが無難です。ハサミ、赤玉土など無機質の土、植え替え用の鉢、鉢底石を用意したら、作業に入りましょう。

    1. 元気でみずみずしさのあるサンセベリアの葉を選び、株元から切り取る。
    2. 切り取った葉を、10cm程度の長さに切り分ける。このとき、上下がわからなくならないように、ペンで印をつけておくと、その後の作業で迷うことがない。
    3. 葉の切り口を風通しのよい日陰に23日置いて乾燥させる。
    4. 鉢に鉢底石と土を入れて、切った葉の下側を1/31/2程度、土に挿しこむ。
    5. そのまま水をやらずに置いておくと、1カ月ほどで根が出る。(そっと葉を抜いて確認する)
    6. 根が出ていたら、もう一度しっかりと土に植え、水をやりながら乾燥気味に管理する。

    8月作業場に置いてある鉢植えを間借りして、葉挿しをしてみました。
    3か月後、そっと抜いてみると見事に発根!

    葉挿しの注意点

    切った葉はしっかり乾燥させることがポイントです。水分を含んだままにすると、雑菌や細菌が繁殖する恐れがあります。また、土に挿すとき、切った葉の上下が逆になると根が出ないので、向きには気をつけましょう。

     

    サンセベリアの植え替え

    サンセベリアが根詰まりを起こして弱ってしまった場合は、植え替えをしてあげましょう。そのときに、株を分ければ数を増やすことができます。

     

    植え替えとは

    植え替えとは、鉢と土を新しくしてあげることです。

    植物は根を張りながら成長しますが、植え替えをしないと、鉢の中にすき間がないほど根が広がり、傷んでしまいます。根が傷むと、水分や養分の吸収に影響が出てしまうので、ひと回り大きな鉢に植え替え、根がのびるスペースを確保してあげるのです。

     

    植え替えの手順

    時期、用意するものは、株分けと同じです。サンセベリアを乾燥させ鉢から取り出したら、根の状態を確認しましょう。先端が変色して傷んでいる根は、ハサミで切り落とします。

    このまま新しい鉢に植え替えてもよいのですが、株を増やしたい場合は、2つ程度に分けて植え替えてください。あまり細かく分けないほうが、植え替え後も元気に育ちます。

    白いマルチングストーンを乗せて植え替え完了!マルチングストーンをすると土が隠れて清潔感が出ます。 サンセベリア一覧│PlantHunt(プラントハント)

     

    植え替えの注意点

    気をつけたいのは、サンセベリアが休眠している冬期の植え替えは控えることです。また、傷んだ根を残したまま植え替えないよう、気をつけて。

     

    まとめ

    サンセベリアを増やす方法について、お伝えしました。ご自身が育てているサンセベリアの状態に合わせて取り組んでみましょう。株分け、葉挿し、植え替えどの方法でも、新しい根が出てしっかり根づいたり、子株が出てきたりしたときは、感動モノです。Plant Huntでは、サンセベリアをはじめ、バラエティに富んだ観葉植物を取り揃えています。育て方や増やし方のご相談も承っておりますので、どうぞご活用ください。

     

    ◆ サンセベリアをさがす  サンセベリア一覧│PlantHunt(プラントハント)

     

     ◆関連記事