【育て方】エバーフレッシュの葉が閉じない原因と対処法

 

繊細さを感じさせる葉が美しいエバーフレッシュ。エバーフレッシュはその美しい外観だけでなく、昼には葉が開き、夜になると葉が閉じる特性でも人気の観葉植物です。ところが、時として、夜になってもエバーフレッシュの葉が閉じない現象が起きます。丹精を込めてお世話したエバーフレッシュの葉が閉じないのは何故でしょうか。この記事で、エバーフレッシュの葉が閉じない原因と対処法についてお伝えします。

 

目次 

  • 原因1:水が足りていない
  • 原因2:根詰まり
  • 原因3:その他の要因
  • 対策1:適切な量の水やりをする
  • 対策2:根詰まりの場合は植え替えをする
  • 対策3:鉢を置いている環境を整える
  • まとめ
  •  

    エバーフレッシュの葉が閉じない原因

     

    エバーフレッシュはマメ科に属する植物ですが、マメ科の特性に、日中に葉が開き、夜になると葉が閉じるという動きがあります。「ネムの木で見たことがある」という人もいるのではないでしょうか。この葉の動きを専門用語で「就眠運動」といいます。

    ところが、時として就眠運動に支障が出て、エバーフレッシュの葉が閉じないケースが見られるのです。どうしてこのようなことが起こるのでしょう。エバーフレッシュで葉が閉じない原因は、次のようなことだと考えられます。

     

    エバーフレッシュの葉が閉じない原因1:水が足りていない

    論文によると、エバーフレッシュの細胞内への水分の出入りが、葉の閉じ開きの運動に関与しているのだそうです。ですから、与えている水の量が足りていないと、エバーフレッシュの葉が閉じなくなる可能性があると推測できます。

    エバーフレッシュの葉が閉じないとお悩みの方は、ここ数日、エバーフレッシュに与える水の量は足りていたでしょうか。もし、水の量が不十分なようであれば、葉が閉じないのは水不足が原因かもしれません。

     

    エバーフレッシュの葉が閉じない原因2:根詰まり

    エバーフレッシュに適量の水を与えていたという場合は、根詰まりが原因で葉が閉じない状態になっている可能性があります。

    根詰まりとは、鉢の中が根でいっぱいになってしまうこと。こうなると根は正常に働けず、水分や養分を吸い上げられなくなります。エバーフレッシュに水はあげているのに葉が閉じないときは、根詰まりしていないかをチェックしましょう。

     

    エバーフレッシュの葉が閉じない原因3:その他の要因

    観葉植物も人間同様生きものです。気温や光の当たり具合など、眠りづらい環境が原因で葉が閉じないことがあります。

    例えば、急激な気温の変化にさらされてストレスを感じたりするとエバーフレッシュの葉が閉じなくなることがあります。また、常に明るい光が当たる場所に置いておくと就眠のリズムが作れなくなり、葉が閉じない状態になることもあります。

    冬場や雨の日、日当たりの悪い室内で通年活躍する育成ライト。
    育成ライトなどを使用して昼と夜の切り替えをはっきりさせることでエバーフレッシュの体内時計を整えることができます。不安な場合はこのようなアイテムを使って規則正しい就眠運動を取り戻しましょう。

    エバーフレッシュの葉が閉じない原因としてもうひとつ気をつけたいのが、エアコンの風です。適切な水やりをしていても、エアコンの風が当たると水分が蒸発し、エバーフレッシュが乾燥状態に陥ります。特に暖房の風は要注意。私たち人間も暖房のかかった室内にいるとお肌がカサカサになりますよね。エバーフレッシュも同じです。水分不足が原因で葉が閉じなくなることがあります。

     

     

    エバーフレッシュの葉が閉じないときはどうする?

     

    では、エバーフレッシュの葉が閉じないときは、どのように対処したらよいのでしょうか。原因にそって見ていきましょう。

     

    葉が閉じないときの対策1:適切な量の水やりをする

    エバーフレッシュが明らかに水不足であると判断できる場合は、水やりをすることで回復できるかもしれません。水やりの基本は、春から秋にかけては、土が乾燥したらたっぷりと。冬はエバーフレッシュの活動がゆるやかになりますから、水やりは控えめにします。土の乾燥を確認してから、23日後に水やりをするくらいのペースで様子を見てみましょう。

     

    葉が閉じないときの対策2:根詰まりの場合は植え替えをする

     

    鉢底の穴から根がはみ出しているなど、根詰まりが確認できる場合は、エバーフレッシュの植え替えをしてください。ただし、エバーフレッシュが休眠している冬に植え替えをすると、株が弱ってしまいます。46月ごろ、エバーフレッシュが活動を始めるころが植え替えの適期です。

    これまでより1サイズ大きい鉢に鉢底石を敷き、新しい培養土を入れてエバーフレッシュを植え替えてください。このとき、取り出した株の絡み合った根をほぐしながら古い土を落とし、変色した根や傷んだ根は、取り除きます。

     

    葉が閉じないときの対策3:鉢を置いている環境を整える

    気温や光など、エバーフレッシュの鉢を置いている環境に原因があると思われる場合は、エバーフレッシュが育ちやすい環境を整えてあげましょう。あまり温度差の生じない場所、夜には暗くなる場所に置いて、様子を見てください。

    また、エアコンとエバーフレッシュの位置関係を見直し、できるだけ風が当たらないようにするのもポイントです。

      

    まとめ

     

    夜になっても葉が閉じない状態とは逆に、日中でもエバーフレッシュの葉が開かず閉じたままということもあるかもしれません。この場合も、原因として考えられるのは水不足、もしくは生育環境です。

    エバーフレッシュの葉が閉じないときと同様、与えている水の量は適切か、根詰まりはしていないか、気温や光の当たり具合に問題はないかを確認して、対処してみてください。特に夏場、エバーフレッシュはたくさんの水を必要としますが、エアコンの風が当たり、与えた水分がどんどん蒸発するということも起こります。だからと言って水やりが多すぎる場合、根詰まりしていると、根腐れの原因になってしまいます。ひとつひとつ状況を確認しながら、エバーフレッシュにとってのマイナス要因を取り除き、元気に葉が開いたり閉じたりできるようにしてあげましょう。

     

    夜になってもエバーフレッシュの葉が閉じないとき、逆に日中でも葉が開かないというときは、お伝えした内容を参考にして原因を探し、対処してみてください。私たちPlant Huntは、バラエティに富んだ観葉植物を取り扱っているだけでなく、基本的な育て方や疑問、悩みごとのご相談にも応じています。どうぞ気軽にお声がけください。

     

    エバーフレッシュ一覧│PlantHunt(プラントハント)

    ◆関連記事